口の周り アトピー

Image Replacement

口の周りの赤み アトピー

口の周りはアトピーがもっとも出やすい場所です。
そして顔はもっとも目立つ場所なので、口の周り
に赤みが出てしまうと気になりますね。




単に、口の周りに発疹などのアトピーが出た場合は、
肌に優しい保湿剤を使って保湿をすることで
多くの場合は症状を軽減することが出来ます。





口の周りに発疹以外の赤みが出る場合があります。
口の周りの発疹以外の赤みの原因は、ほとんどの場合が食べ物です。





口の周りや、ほっぺに赤みが出るのは乳幼児に多い症状です。
アレルゲンを口にすると、アレルギー症状として、
口の周りに赤みが出現するのです。





幼児は特に食べ物に注意する必要がありますね!




口の周りに、アレルギーの出やすい食べ物を
順番に並べると・・・・



卵 乳製品 小麦 大豆など・・・
となります。もちろんこの他にも口の周りにアレルギーが出る
可能性がある食品はありますが、まずはこれらを疑ってください。




口の周りに赤みが出たときには食べたものを観察することから
始めましょう。アトピーでは原因が何かを的確に探ることが症状の
緩和への第一歩なのです。



観察をしたら原因を推測してみましょう。
原因が特定できたら解決したも同然です。




厄介なのは原因が特定できない時です。




原因の見当がつかない場合は、上記全てを一時的に
除去して様子を見るといいでしょう。この時に注意するのは
わずかでも混入していると症状が出る場合があります。



ですから食品の原材料の欄はしっかりと見るようにしてください。
そして口の周りに症状が出ないことを確認したうえで、まずは大豆から
少量試すという形をとると良いでしょう。




大豆で口の周りに症状が出なければ小麦 乳製品 
そして卵の順に試して原因が何かを明確にしましょう。





この時、初めに口にする時は少量で始めることをオススメします。
強いアレルギーの症状などが現れるのを避けるためです。
乳幼児の場合には特に注意して、ごく少量からはじめてください。



口の周りや、ほっぺに赤みを生じている乳幼児は、
成長して腸が出来上がると、アレルゲンを口にしても
赤くならず済むようになる場合も多いです。




腸が成長して出来上がるまでは、アレルゲンを摂取
させないように、注意をする必要がありますね。





乳幼児のアトピーの場合は出来るだけ、薬に頼らず
保湿を徹底することをお勧めします。





>>>アトピー肌の保湿の方法はコチラ

口の周りのアトピー

アトピーは左右両側に出るケースが多いです。
もし片側だけに赤みが出る場合などは他の疾患の場合が
ありますので一度病院で確認することをオススメします。


口の周りの赤みは胃の状態が悪いときにも出やすいですね。
大人で口の周りに赤みが出るケースは、
胃の状態を確認しましょう。


口の周りは内臓の影響を受けやすい場所
でもあるので、症状がひどい場合や長引く
場合は病院で原因を明確にしましょう。

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他