布団 アトピー肌 

Image Replacement

アトピーと布団について

布団が原因でアトピーの症状が悪化する人がいます。
ダニやハウスダストがアトピーの原因となっている人に
とっては、布団環境を見直すことはとても重要です。





布団はダニの繁殖しやすい環境になりやすいのです。
一般的にダニの繁殖には「温度:30度 湿度80%」が
最適だと言われています。





特に梅雨の時期などは、ダニが繁殖しやすく注意が
必要です。梅雨時には「温度:30度 湿度80%」の環
境に近づきやすいのです。




布団にとって一番大切なのは、その管理方法です。
以下の方法に従って布団を管理することによって、
ダニの数を劇的に減らすことが可能です。



管理の具体的方法は下記のとおりです。



・できるだけ頻繁に干して日光に当て風を通す。


・干した後は掃除機をかけてダニを吸引する。
(できるだけ吸引力の強い掃除機の使用がおすすめです)
→最近流行しているレイコップやダイソン等を使用するのも
 有効です。


・夏場は布団が高温になるので、アトピーの人は熱を冷まして
 から敷くようにする。


・梅雨など雨が続くときは布団乾燥機などを利用する。
→布団乾燥機は安価なもので構いません。


・アクリルなどの化学繊維素材でなく、綿素材の布団を選んで
 洗濯を徹底する。





上記を徹底することで症状の緩和はある程度図ることが
できます。素材選びも大切ですが、管理方法の徹底の方
が、症状の緩和に大きく影響していると言って良いでしょう。





「綿素材はお肌に優しいから安心」というのではなく、常日頃の
布団の管理のほうが重要なのです。このことを忘れて購入する
だけで、満足をしているアトピー肌の人が実に多いのです。





布団のシーツなどを洗うときに使用する洗剤はできれば界面
活性剤の入っていないお肌に優しいものを使用することをオス
スメします。





布団の管理方法を徹底することでアトピーの顔の赤みが消えた
あるいは痒みが止まったなど症状の緩和につながったケースが
非常に多いです。




ハウスダストが原因でアトピーになっている人は多いので、布団の
環境を見直すことは非常に有効な手段だといえます。他にも吸引力の
強い掃除機の活用などもダニを減らす有効な方法です。

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他