顔の熱 アトピー肌 

Image Replacement

アトピーによる顔の熱

アトピーの人は顔に熱を持つ人が多いのですがどうして
熱を持つのでしょうか?





アトピーによる顔の熱はアトピーで悩んでいる人の中でも
もっともポピュラーな悩みの一つです。顔の熱で悩んでい
る人は実に多く存在します。




病院に行くと、そのような悩みを持つアトピーの患者に対
して高い確率で「プロトピック」と呼ばれる薬が処方され、
多くの人がこれを使っています。





アトピーによる顔の熱に大切なのはプロトピックよりも、
断然、「殺菌・保湿」です。プロトピックは顔に熱をこもらせ
るので使わないほうが良いです。




プロトピックは薬剤の副作用として、塗った部分に
熱をもたらします。特に顔によく処方される薬なの
顔の熱の原因になりやすいという訳です。



それなのに・・・・



現在でもプロトピックが当たり前のように処方されて
いて、その副作用で苦しんでいる人が多数いるので
す。




ステロイドは副作用が強いけど、プロトピックは大丈夫
と誤解している人が実に多いのです。




アトピーの症状はプロトピックやステロイドを使うよりも
「保湿の徹底」で改善するケースが断然多いです。





ステロイドの副作用が世間で問題になり始めた時、
その代替の薬として「プロトピック」は使われる
ようになりました。






そして、顔などの目立つ場所に処方されることが
多いのがプロトピックの特徴です。





しかしながら・・・この薬・・・・。





塗ると患部が熱を持つケースが非常に多いの
です!






患部はどうして熱を持つのでしょうか?・・・・・





アトピーの人が時として顔に熱を持つケース・・・
それは顔の温度を冷却しきれていない時に起こります。




顔の温度を冷却できていないことが原因で、
熱が内部にこもったり顔に赤みがでたりする
のがこのケースです。





顔の温度を冷却しきれていない時・・・




それは・・・・




実は、血液に関係があります。




血液には酸素や栄養分を運ぶ役目と同時に、
体内の温度を冷やす役目もしています。



顔に流れる血液の不足により、顔の温度が高くなり、
乾燥の原因になります。実はこの血流不足がアトピー
のしつこいかゆみの原因にもなります。





それでは、何が原因で血液の流れ(血流)が悪くなるの
でしょうか?






この血流不足の問題は食の欧米化により 魚→肉
へ食べ物が変化してきたことも大きく影響していま
すがそれだけではありません。






ストレスなどの原因によって血流が不足する顔に
熱がこもることがあります。そしてそのストレスによ
って、さらにアトピーが悪化することもあるのです。



このように見ていくと・・・・





ストレス社会である現代が顔の熱にも大きく影響
しているとも言えるのです。ストレスをゼロにすることは
難しいですが、ためすぎないようにすることが大切です。




このような原因により顔に熱がこもった場合、その熱により
顔が乾燥してしまい、さらに熱を持ってしまうという負の連鎖
が起きる事もあります。





栄養不足およびストレス

血流不足が起こる

顔に老廃物がたまる

顔に熱をもつ

さらに血流が悪くなる

さらに顔に熱をもつ






栄養やストレスをコントロールすることにより、根本的に
顔の熱をさげることが必要となりますが、対処療法的に
顔の熱を下げることと顔の乾燥を防ぐことも重要です。





ここでひとつお勧めの方法を教えます。





簡単な対応策として、蒸しタオルで温めて
熱を発散させる方法
があります。
お金もかからずすぐに実践できます。





熱をもっているのに温めるのは不思議な感じもしますが、
人によっては絶大な効果を発揮することがあります。
厚めのタオルを使用して、温度は体温より少し熱め
にするのことがコツです。






蒸しタオルをあてた後は、保湿をして肌の水分補給を忘れずに!!!
顔の熱に対して蒸しタオルの使用をオススメするのは
熱を使って血流を良くする為です。





よく女性で末端冷え性の方がいらっしゃいますが、
その原因も血流が悪いことに他なりません。
この血流を改善する一つの方法が「蒸しタオル」なのです。





蒸しタオルで温めることによって血行がよくなり血流が大幅に
改善されるのです。対処療法的な意味合いも強いこの方法ですが、
ある程度効果があることは有名です。




一度試してみると血流が良くなり、顔の熱が治まる
ことが実感できると思います。




血流が悪い ⇒ 血液の冷却機能が使えない ⇒ 熱がこもる




上記のようなメカニズムが顔において
起こっているのが「顔の熱」なのです。
ぜひ一度お試しください。 




何度も書きますが、根本的に顔の熱を改善するには・・・・
血流不足を補った上で保湿することが大切です。



>>>アトピーの保湿方法はこちら







顔の熱

顔の熱により体温が高くなるとかゆみが増すことが問題です。

うまく熱を発散させることで顔の熱をとりのぞきましょう。

発汗は熱を発散させる良い手段の一つなのですが、うまく

発汗できないことで内部に熱を溜め込むというケースがアトピーの

方にはよく見られます。日ごろの代謝をあげて発汗を促すことが

大切です。応急処置としてはお風呂での半身浴などで発汗を

うながすことも顔の熱をとるには良い手段です。

熱を持つ顔皮膚炎症

乾燥して皮膚の表面のバリアが弱くなることによって乾燥性湿疹

になる場合があります。これはアトピーで無い人もなる場合があり

特に季節変わり目に多く見られる症状です。

保湿で肌のバリアをしておかないと様々な皮膚トラブルに巻き込まれる

ことがあります。顔に熱を持ち赤くなることが多く原因が不明のままと

いうことが良くありますが、これも皮膚表面の乾燥に起因しているのです。

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他