アトピー 食用油 えごま油

Image Replacement

食用油(えごま油)とアトピー

アトピーの人は油を摂取しない方が良いと簡単に本に
書かれたりしていますが、現代社会において油を摂取
しない生活を送ることは不可能です。




例え、家の中で細心の注意を払って、油を一切摂取せ
ずに、生活をしていたとしても、外食をしたり市販の惣
菜を買えば必ず使用されているのです。




揚げ物や炒め物などの料理には油が使われています。
そして油を口にしないで生活をしていくことは現代日本で
は出来ません。





それでは一体どうしたら良いのでしょうか?





実はアトピーの人には摂取して良い油と悪い油があるの
です。このことを理解しておくだけで、症状の改善に大き
な違いが出ますのでしっかりと理解してください。




良い油 ⇒ α-リノレン酸

悪い油 ⇒ リノール酸




--------------------------------
※リノール酸とは・・・

マヨネーズ・マーガリン・卵・スナック菓子
・ドレッシングなどにに使われている油のことです。

--------------------------------

それでは、良い油のα-リノレン酸とは一体何なのでしょうか?



α-リノレン酸とは・・・・・



人に必要な栄養素で、体内ではつくれない必須脂肪酸の
ことです。体内で作れないので、植物などから摂取するしか
方法がないのです。





アトピーーの人がαリノレン酸を摂取するのに、一番良い方法は
シソ油(えごま油)から摂ることです。αリノレン酸には「抗アレルギー、
抗炎症」の効能があります。





実際に油を変えてアトピーの症状が緩和したケースが数多く存在します。
「アトピーの人は油をとらない方が良い」というよりは「アトピーの人は
油をシソ油(えごま油)に変えたほうが良い」
のです。




シソ油(えごま油)はそのほかにも痴呆の防止や癌
になるのを防止するのにも役立つと言われています。





リノール酸の害は特に乳幼児に影響が出やすいと
も言われていますので、小さいお子さんをお持ちの
方は、一度シソ油(えごま油)の使用を試すことをオススメします。





一口に「油」と言ってもアトピーの人にとって、よい油
と悪い油があるということです。紫蘇がアトピーに良い
とされているのこの油が由来なのです。





えごま油は体に良い油という事で、年々生産量を増
やしていますが、アトピーなのにまだ使っていないと
いう人もいるので記事にしてみました。





一度、エゴマ油を試してみると症状が劇的に改善
するかもしれませんよ!



油のとり方も症状を大きく左右するので、しっかりと
把握して改善に努めてください。特に脱ステロイド中
などは、エゴマ油を使ってください。



>>>アトピーの人の保湿の方法はこちら

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他