アトピー肌 頭皮 

Image Replacement

アトピー肌の頭皮について

頭皮はアトピーが最も治りにくい場所です。生えている
髪の毛のせいで薬が塗りにくいことや、蒸れやすい場所
なので雑菌がわきやすいことがその原因です。





その他にもシャンプーに界面活性剤が使用されていること
も、その大きな要因の一つです。






梅雨の時期や夏場になると、頭が蒸れて臭いがすることが
あります。この臭いは、実は雑菌が原因で、シャンプーの洗
い残しや頭のフケが雑菌を繁殖させてしまい臭いを放ちます。





最近では頭皮湿疹と呼ばれる症状も増えてきています。この頭
皮湿疹はシャンプーに界面活性剤が使われていることが原因と
言われています。




界面活性剤とは何でしょうか?




洗剤に多く含まれている汚れを落とすための成分です。
食器を洗うときに、水だけを使って洗うと、うまく汚れを落
とすことができません。





界面活性剤を使うことで洗剤の中の水と脂が混ざり合
うようになり、洗浄力が高まるのです。




シャンプーもこれと同じ目的で界面活性剤が使われて
います。界面活性剤は汚れと一緒に皮脂を強烈に剥ぎ
取ります。皮脂の剥ぎ取りすぎが頭皮の乾燥を招き、
アトピーを悪化させるのです。





皮脂は雑菌の温床にもなりますが、とりすぎると保湿が
出来なくなり、症状を悪化させることがあるのです。適度
に皮脂をとるということが、
重要なのです。




>>>保湿の方法はコチラを参考にしてください。





頭皮のアトピーを治すためによく病院で処方される薬がステロイドです。
病院だけでなく薬局でもステロイドで頭皮のトラブルに対応しようとする
薬が数多く存在します。




頭皮湿疹という名前で最近ではテレビのコマーシャルが良く
流れています。この頭皮湿疹につかわれているクリームが実
は、ステロイドの一種なのです。




テレビのコマーシャルなどでは、ステロイドが入っているなどと
、一言も言っていませんが、多くの頭皮湿疹の薬はステロイド
が含有されているのが現実です。




薬局に行ったときにステロイドが入っているかどうかを確認する
と、ほぼ全ての商品がステロイドを使用していることが、簡単に
分かるはずです。




何度も言っているようにステロイドは対処療法であって根本的から
症状を改善できるものではありません。一時的に症状が緩和したと
しても、すぐにコンディションが悪化することも珍しくありません。





そういった意味では顔の赤みを治す時と同じように根気良く、頭皮の
コンディションを改善していくことが、症状を良くする一番の近道
であると言うことができるかもしれません。




頭皮のコンディションを回復させるのに最近になって
人気になっている「湯シャン」があります。これはお
湯だけでシャンプーを使わずに洗髪する方法です。





乾燥肌のアトピーの人は皮脂や臭いがでることが
少ないので湯シャンで充分に事足りるということで
注目されているのです。





シャンプーがアトピー悪化の原因になっていることも
多いので、解決策の一つとして試してみるのも良い
でしょう。

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他