アトピー肌 秋 スキンケア

Image Replacement

アトピー肌の秋のスキンケアについて

アトピー肌の人にとって秋の朝夕の温度差は大敵です。
朝夕は冷え込んで寒いですが、昼間は汗をかいてしまう
ほど暑いというのが秋の気温の特徴です。





特に初秋はそのような気温になりがちなので、温度調節
が必要なのです。適切に保湿が出来ていないアトピー肌
はすぐにコンディションが悪化してしまいます。





>>>秋のアトピー肌の保湿方法を確認する





秋の平均気温は実は春よりも高いのです。大きな
温度差により、自律神経のバランスが乱れて血流
を滞らせるのが秋の気温の特徴です。





ステロイドを塗って厚く硬くなった皮膚の中にある毛細
血管が、秋の朝夕の温度の変化に対応できずに症状
を悪化させてしまうのです。




毛細血管が温度の変化にうまく対応できていない
ことが、顔の赤みやアトピーの痒みとなって現れてしまうのです。





つまり・・・・




秋の朝夕の激しい温度の変化に体がついていけていない
ことが原因で症状が悪化するのです。温度の変化に対応
するためには、保湿で肌のバリアを高める必要があります。





そのためには・・・・




しっかりと肌の表面を殺菌した後に、適切な保湿を徹底する
ことが重要なのです。





具体的な方法は生成された酸性水を用いて、お肌の表面を
殺菌する方法がオススメです。外出時の汗の対策には酸性
水をタオルにしみこませ、使用するスキンケア方法をぜひ一
度、試してみてください。






酸性水は無味無臭で使いやすく、副作用も無いので
応用できる範囲が広いことが特徴です。






もちろん洗顔にもお使いいただけます。酸性水を用いて
肌を殺菌した後は、保湿を十分に行うことで肌のバリア
を、ただしく復活させることが可能です。




>>>保湿について詳しく知る

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他