アトピー肌 お酒 脱ステロイド 

Image Replacement

アトピー肌のアルコール(お酒)との関係について

刺激物であるアルコールはアトピーの敵なので
アトピー肌の人はアルコール(お酒)を呑んでは
いけません。というのが大方の意見です。




実際に、皮膚科に行くと医者の多くが異口同音
にお酒をやめなければ、アトピーの症状が軽減
されないと忠告をしてきます。





・・・・というのは簡単ですが、アトピーの
ために生活を犠牲にし続けるは実はあまり良い
事ではないのです。




どういう意味でしょうか?





確かに、お酒を飲むことで症状が悪化する人は、
いますが、これを避けるために全てのアトピーの
人が全くお酒を飲めないというのは乱暴です。





これが、タバコを吸いたいというのなら、アトピーを
治すためにやめた方が良いというのが結論です
が、お酒は少し違います。






確かに、お酒は刺激物で飲みすぎると肌のコンディ
ションが悪くなりますが、うまくつきあえばストレス解
消効果やリラックス効果をもたらしてくれます。



それでは・・・・・



お酒はアトピーに具体的にはどのような
悪影響を与えるのでしょう?

--------------------------

・アルコールの麻酔作用により感覚が麻痺し、無意識のうちに
  患部を掻いてしまい症状の悪化を招く。


・アルコールの血管拡張作用により皮膚への血行がよくなり、
  肌の温度が上がって、かゆみが増加する。


・アルコールの摂取により活性酸素を増やし
  酸化させることにより肌荒れをおこす。

--------------------------
このようにお酒はアトピーの人にとって、
マイナスの部分があることは確かです。






しかしながら・・・



繰り返しになりますが・・・・・



適度なお酒はストレスを解消してくれる効果もあります。





人間社会において潤滑油ともなりうるお酒・・・。



過度に我慢することは、ストレスをためることに
つながり、結局は活性酸素を増やすことにつ
ながります。





このストレスによる活性酸素もアトピー肌に、
大きな悪影響を及ぼすのです。





つまり・・・





お酒は確かにアトピー肌にとって良くないのですが、
過度に我慢しすぎることでストレスをためることも
同様にアトピー肌にとって良くないのです。






それでは一体どうしたら良いのでしょう?




おすすめの方法は症状が落ち着いている時に、
嗜む程度にお酒を摂取する方法
です。症状が
悪化している時はお酒は控えれば良いのです。




お酒の種類としては抗酸化作用のあるワインが
オススメ
です。抗酸化作用とは
活性酸素を抑える役目をしてくれるものです。




⇒野菜や果物もアトピーに良いといわれますが、
これは抗酸化作用があるからなのです。





ビールは最初のうちだけにして、ワインを飲むように
心がけると良いでしょう。アルコールの濃度を調節する
ために、水やお茶などと一緒に少しずつ飲むようにする
と良いでしょう。




体にとっても飲みすぎは良くないので、量は考慮して
摂取しましょう。




またアトピーの人に不眠の症状がある時に、
睡眠薬が処方されることがありますが、
そのような時の飲酒は絶対に禁物です。





一緒に飲むことで薬の効果や副作用が強くでるケースがあるからです。
意識を失うケースに陥ることもあるほど危険な行為です。




症状が、落ち着いている時に限定して、保湿を徹底
しながらお酒を嗜めば、症状の悪化を抑えてお酒の
良い面を活用できるのです。




>>>お酒を飲む前は保湿を十分にしましょう!

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他