アトピー肌 後遺症 脱ステロイド 女性 乾燥肌

Image Replacement

アトピー肌の後遺症について

アトピー肌は症状がひどい時、痒くて掻きまくる人が多いです。
掻くと余計に痒みが増してまた掻いてしまうと言うのが、いわゆ
るアトピー肌の負のスパイラルです。





特に子供の頃は、この痒みが我慢できないので、アトピーの治
りが遅いと言われています。掻くことで肌を傷つけてしまうことで
大きな問題となってくるのがアトピーの後遺症です。






アトピー肌の後遺症の代表的なものとしては色素沈着があげ
られます。色素沈着は症状が悪化すると、肌が黒ずむので、
見かけが悪く深刻な事態になりかねません。





色素沈着(皮膚の黒ずみ)の原因は、様々な要因があります。
代表的な要因のとしては、外傷後に刺激が加わるということが
指摘されています。





つまり・・・・




かゆみによる刺激が原因で、掻き毟る行為をするなどして
皮膚を傷つけた後に刺激が加わり、これを繰り返すことに
よって長い期間をかけて肌が黒ずんで色素沈着するのです。



傷つけた後の刺激とは・・・・




その刺激の代表的なものが、洗濯に使用する合成洗剤です。
「合成洗剤は皮膚への刺激が強い」のです。その中で、大きな
原因となっているのが、洗剤の成分、界面活性剤の存在です。




洗い残した(よく洗っても界面活性剤全てを落とせません)界面活
性剤が、乾燥であれた肌の表面に付着して、肌あれを起こし色素
沈着を起こしてしまいます。






ただでさえ、皮膚が弱いアトピー肌の人が一般の人の肌をも傷つけ
てしまうような界面活性剤の入った洗剤を使うことが、どれほど危険
なことなのか理解しなければなりません。






界面活性剤を使用していない洗剤を使用するなど方法を考えて、万全の
環境を作ることが必要です。そのことだけで、劇的にアトピーの症状が改
善する人がいるのでぜひ試してみてください。






また、直射日光に長い時間当たることも、皮膚に対する刺激とな
り、色素沈着の大きな原因になることがあると報告されています。
長時間、日光に暴露する状況をつくらないことも大切です。





洗剤や直射日光のように外部からの刺激も問題ですが、内部の刺激
としてアトピー肌にタバコやお酒というのも決してオススメできたもの
ではありません。






アトピー肌の後遺症を防ぐには傷口に刺激が加わらないように細心の
注意を払い続けることが必要です。肌を綺麗に回復させたい人はこの
ことを肝に銘じておくと良いでしょう。





これらの対策をとることで、アトピーの後遺症である色素沈着を軽減
できるケースが多いので、自分の生活と照らし合わせて改善して行
くようすると良いでしょう。




やろうと思えばすぐに出来る対策ばかりです。






洗剤、直射日光による紫外線などの外部的な刺激を避ける
ことと、食べ物等に注意をして内部からの刺激を軽減すること
によってアトピーは劇的に良くなることが多いのです。

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他