アトピー肌 漢方薬 脱ステロイド 女性 乾燥肌

Image Replacement

アトピー肌の漢方薬について

「アトピー肌に漢方が効くには長い期間が必要」と
言われますが、実際には効果がすぐに現れる人も
少なからず存在します。



顔の赤みに悩んでいた人が、漢方を飲み始めて1週間で綺麗に
治ったという話も聞いたことがあります。何をしても
駄目だった顔の赤みが消えたという例もあります。





また「漢方には副作用が無い」とも言われますが、
実際は薬で、しかも効果がある以上、漢方にも副
作用は確実に存在します。





西洋薬に対して言われた言葉かもしれませんが、
鵜呑みにしてはいけません。漢方薬でも食欲不振、
下痢などの胃や腸に症状が、まれに見られます。




また漢方薬でも薬疹(皮膚に赤い斑点やブツブツ)が
出てくることがあります。大事なことは効果を見ながら、
自分にあった配合を見つけていくことです。




漢方薬を使うことによって、薬剤の量を減らすことに成功
している人や、治療期間を大幅に短縮した人もたくさんい
ます。「噂」だけで判断せず確かめることが大切です。




タバコでアトピーが悪化していた人が、禁煙をすると劇的に
症状がよくなることがあります。これとよく似た症状が漢方
にもたまに見られます。





漢方薬がその人にフィットした場合に、このようなことが起こ
るのですが、そのケースに当たると嘘のようにアトピーが
綺麗になります。





漢方の問題点は、健康保険が効かず高額になりやすいのと、
どこで処方してもらえば良いかわかりにくいという点です。




保険が効かないので値段が高いというのは、ある程度許容
しなければ、漢方を使用することは難しいですが、処方して
もらえる場所は探せば簡単に見つかります。




漢方は正しく使えばアトピーの強い見方です。「漢方に強い
薬局」の情報をインターネットなどを活用して探し出すことで
自分にあった処方をしてもらうのが良いでしょう。





薬局を探すコツとしては、インターネットの中でも口コミサイト
を参考にして、自分と症状が近い人の意見を探して参考にし
てみると良いでしょう。




大切なのは、処方してもらった漢方を自分で実際に試すこと
ですが、少量づつ初めて徐々に量を増やしていけば、危険性
も少なくスムーズに漢方を見定めすることができます。




また、漢方薬には服用している時には効果が感じられなかった
のに、やめた後に効果が出て症状が嘘のように改善するケース
もあります。



中には、服用をやめて10年以上経ってから効果が現れるケースが
あって、そんな時には何が原因で良くなったのかはっきりわからない
のですが、実は漢方薬のおかげということも多々あります。

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他