アトピー肌 脱ステロイド 

Image Replacement

アトピー肌の脱ステロイド

アトピー肌の人が脱ステロイドをするのにはコツが
あります。そのコツを知らずに脱ステロイドを始める
と失敗するのは目に見えています。





脱ステロイドをしようと考えたら、その方法について
正しい情報を集めるようにしましょう。そしてその情報
に基づいて自分に合った方法で脱ステをしましょう。



アトピーの皮膚炎症によるかゆみは、大人でも我慢する
のは難しく「掻かない方が良い」と頭ではわかっていても
どうしても患部に手が伸びてしまいます。



それなのに、子供が発症している場合に強い意志を持って
我慢し続けるのはとても難しいことです。というより到底
無理な注文なのです。



かゆみを我慢し続けていると集中ができなくなり、その箇所を
掻くと一時的な快楽と猛烈な自己嫌悪に襲われます。



その後悔から「今度こそ 掻くまい 我慢しよう」と決意する人が
多いのですが、その猛烈なかゆみから忍耐だけでは目的を達成でき
ないケースが多いです。



そんな時、劇的に症状を改善してくれるのがステロイドです。病院で
処方されるがままに、その薬を患部に塗布すると劇的に炎症は収まり、
あんなにかゆかった患部が嘘の様に良くなります。



しかしこれは一時的にです・・・。
決して根本な解決ではないのです。




「バンザーイ」これでアトピーをやっつけた!!・・と
なるほどアトピーは甘い病気ではありません。




簡単に完治すればこんなに大勢の人が苦しむことは無いのです。
考えると「ステロイドはモルヒネと同じです。」使い続けていくうちに
だんだん同じ量では、効果がなくなってきます。



そこで更に大量のステロイドを使うことになり、かゆみや炎症の
度合いもひどくなっていくケースが多いです。



賛否両論あると思いますが、どこかで「脱ステロイド」を決意し
他の方法により改善を見出さねば、いたちごっこのステロイド漬け
になります。



劇的な効果がある薬をやめるのは難しいことであると思いますが、
必要最小限の使用にとどめ、どこかのタイミングで脱ステロイド
をする必要があるのです。



脱ステロイドをするタイミングが早ければ早いほど完治や症状の
緩和に早く近づけるのです。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
かゆい ⇒ ステロイド塗布 ⇒ 症状緩和(一時的)⇒

⇒ 更に強いかゆみ ⇒ 更に強いステロイド塗布 ⇒

⇒症状緩和(一時的)⇒更に更に強いかゆみや炎症
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※この悪循環を断ち切る必要があるのです。



脱ステロイドを決意したら、一番にやることは「保湿」の徹底です。
一般的にアトピーの人は、皮膚からの水分蒸発量が多く、さらに、
角質層の水分含有量が少ないのです。



このことが肌のバリア機能を低下させ様々な症状をうみだすのです。


脱ステロイド ⇒ 保湿の徹底 ⇒ 肌のバリア機能向上 ⇒ 症状の緩和


この良い流れに乗せることを考えて脱ステロイドにトライしましょう!

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他