アトピー肌 赤ちゃん

Image Replacement

アトピー肌の赤ちゃんについて

アトピーの赤ちゃんは治りやすい!!のです。



・・・・と言うと、びっくりされる方が多くいま
すが、実はこれは本当なのです。




どういうことでしょうか?




赤ちゃんに顔の赤みが出たとき等に、すぐに
アトピーがどうかを調査して徹底的に対応することが
大事です。





アレルギーの一種であるアトピーは遺伝や
その他の理由により、生まれたての赤ちゃん
にも発症するケースがあります。





諸説あるので、何が正しいかは解明されていま
せんが、個人的な意見としては、お母さんが口
にしたものの影響だと思います。。





胎内にいる赤ちゃんは、お母さんが口にした
食物から栄養を摂取しています。




ですから・・・・




当然、産前のお母さんの食生活が大きく影響
しているのです。アレルゲン(アレルギーの原
因となる物質)を除去した食物を注意して摂取
する方法がオススメです。





タバコを吸うなどの行為は絶対にしないでください。




特にお母さんにアトピーの疾患がある場合など
注意して摂取することです。万全を期して赤ちゃ
んにアトピーが発症しないようにすることが大切です。





卵 乳製品などは女性の大好きなケーキなどの洋菓
子に幅広く使用されているので、誘惑に打ち勝つのが
難しいとは思いますが、大切な赤ちゃんのためです。





授乳中も同じでアレルゲンを除去した食品を摂取する
ことがオススメです。一般に赤ちゃんの腸は3歳で完
成すると言われています。



このことから・・・・




3歳まではアレルゲンを極力摂取しないように
心がけることが必要なのです!!




それより(腸が完成する)前には、できるだけ投薬など
をせずに腸を完成させたほうがアレルギーの出にくい
体質になるといわれています。






3歳を過ぎて腸が完成すると、アレルギーの出る確率は
格段に減少するのです。つまり3歳までが勝負といっても
過言でありません。





赤ちゃんの一生の問題です。上手に赤ちゃんの腸を
成長させましょう!!アレルゲンを除去する生活を3歳ま
で頑張りましょう!!




3歳までアレルゲンを摂取しないように注意を
払ってあげるだけで、治る確率が格段に上がる
のです。




これが、赤ちゃんのアトピーを治すのは、簡単と
言われる所以です。




赤ちゃんは自分では、改善のしようがないので
親が責任をもってアレルゲンの除去をしてあげる
必要がありますね!






>>>アトピーの保湿の方法はこちら

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他