アトピー肌 シャンプー

Image Replacement

アトピー肌のシャンプーについて

アトピーの人にとってシャンプー選びはとても大切です。
選び方を間違えると、頭皮のコンディションが悪化する
ことは、もちろん顔の赤み等の原因にもなります。




シャンプーは髪の毛そして頭皮はもちろん、当然そこ
からつながっている顔や体に流れて、皮膚に直接付
着します。



アトピーの人が市販のシャンプーを使うと、シミる・乾
燥する・かゆみが出るなどといった症状が頻繁に出る
と言われています。



それでは一体どのようなシャンプーを選べば良いので
しょうか?




ずばり、無添加で界面活性剤が入っていないシャンプー
を選ぶべきです。このようなシャンプーは本来は「抜け毛 
薄毛」予防を目的として販売されています。




抜け毛は頭皮をケアすることで、防止が出来るという考え方です。
無添加で界面活性剤が入っていないシャンプーは頭皮に優しく
それは顔や体の皮膚にも優しいということを意味するので、アトピ
ーの方も快適に使用して頂けるという訳です。




要するに、無添加で界面活性剤が入っていないシャンプーを
選ぶことがアトピーの人のシャンプー選びの基本です。




添加物や界面活性剤が原因で症状の悪化を招いたケースは
数多く報告が上がっています。まずはじめに添加物や界面活
性剤の有無について調査してみてください。




添加物抜きでシャンプーを作ると腐りやすくなるというデメリットが
あるのでメーカー各社とも日持ちを良くするために入れている場合
が多いです。




商品が長く持つほうが販売しやすいですからね・・・・。




界面活性剤は汚れを良く落とすというメリットがあり、スッキリとした
洗い上がりになるという理由でメーカー各社がシャンプーに原料と
して選択しています。





このような作り手の理論で入れられた添加物や界面活性剤が
アトピー肌や敏感肌の症状に大きく影響しているのです。中には
シャンプーを変更しただけで劇的に症状が緩和される人もいます。





正しいシャンプーを選ぶようにしましょう。そのためには原料に
何が使われているのか?を自分の目で確認することが重要で
す。



シャンプーをきっちり選ぶことの他にも大切なことがあります。
シャンプーを使った後は、キレイに洗い落とすということです。
実はアトピーの人の多くが残留しているシャンプーでかゆみ
を生じている場合が多いのです。




つまり・・・・




きれいにシャンプーを洗い流せていなくて体に付着して残っている
シャンプーがかゆみを増幅させているということです。




きっちりと洗い流すことを心がけましょう!当たり前のことですが、
体を洗う前に頭を洗いましょう。そうすることでシャンプーをキレイ
に落とすことができます。




肌に優しいシャンプーを使い、すすぎは丁寧におこなってください。



キレイにシャンプーを落とすためには、自分で予想している
よりも長い時間がかかるということを頭に入れて、しっかりと
長い時間をかけることを心がけましょう。




肌に優しいシャンプーを使用して、更に長い時間をかけて
しっかりとシャンプーを洗い流すことで、肌への影響を出来
るだけ少なくすることが重要です。




そうすることで、実はひどいアレルギーが原因だと勘違いし
ていたアトピー性の皮膚炎が、実は残留シャンプーであった
ということが防げるのです。




シャンプーの後は・・・・



>>>アトピーの基本である保湿を忘れずに!

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他