アトピー 蕁麻疹 運動 関係

Image Replacement

「アトピー」、「蕁麻疹(じんましん)」と運動

アレルギーの一種である「アトピー性皮膚炎」や
「蕁麻疹(じんましん)」は運動すると、悪化する
ケースがあります。



運動を起因とするアトピー性皮膚炎や、蕁麻疹は
時として激しい症状が出るので注意が必要です。



いわゆる「運動性のアレルギー」ですが、近年の研究によ
り、小麦を摂取した後に激しい運動をすることで症状が現
れるケースがあることが明らかになってきました。





運動だけもしくは小麦を摂取するだけでは症状が
現れないのに、その二つの組み合わせにより、
激しい症状がでるケースが報告されています。




時には呼吸困難に陥ったりする可能性もある
アレルギー・・・。




人によって異なりますが症状がでたことがある方、
もしくは心配な方は運動前にはアレルゲンを摂取
せずに行うことが最善の方法です。




激しい運動をする前に食事を摂取する場合は、少し
工夫をしてアレルゲンを除去した食品をつかうことが
解決策のひとつです。




皮膚科の医師に相談しても原因がわからずストレス
という言葉で片付けられることが多いアレルギー。




原因がストレスと言うのは医師の逃げ道なのです。
医師に「ストレスが原因」と言われたら、「原因がわ
からない」と言われたのと同じだと考えてください。




専門家の医師ですらこのような状況だからこそ、自分
で正しい情報を入手してアトピー(蕁麻疹)などのアレ
ルギーが出ないように努めることがとても大切です。




単一的な要素ではなく、小麦と運動のケースに
見られるように複合的な要因によって生じることが
あることも知識として持っておくと良いでしょう。




もちろん他に原因があることも考えられますが、蕁麻疹
の場合で運動時に激しく症状が出る場合は小麦の摂取
を控えて運動してみてください。




自分のアレルギーについて一番真剣に考えているのは、
医師ではなく自分なのです。情報を上手に選択して正し
く対応するように心がけましょう。



>>>アトピー肌の正しい保湿方法はこちら



アトピー(蕁麻疹)とはげしい運動

アトピー(蕁麻疹)とはげしい運動の関係は上記に記されることが

主な要因といえます。アレルゲンを摂取した後の激しい運動には

注意が必要です。皮膚科の医師でも勉強していない人は知りません。(注)

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

その他